マナーを守って楽しく沖縄旅行しよう!ツアーや個人旅行のススメ

- ちょっとしたルールとマナーで快適な旅になる

ちょっとしたルールとマナーで快適な旅になる

沖縄旅行も、今では個人旅行でも比較的にリーズナブルに行けるようになりました。
沖縄観光スポットなどをノンビリ周りたい方の中にはしいて個人旅行をチョイスする方も多いでしょう。
沖縄旅行レンタカーなどを活用すれば、効率的に周ることもできますよね。
沖縄では、様々な文化というものがあります。方言などにしてもそうですよね。
時に、観光客が勘違いをおこしてしまうようなこともたまにあるようです。
ある程度で構いませんから、覚えておくとより旅をスムーズに楽しめると思いますのでいくつかあげていきたいと思います。
先ずは「蕎麦」という表記について。
沖縄で蕎麦というと沖縄蕎麦のことをさします。日本蕎麦のことではありませんから、お店に入ったら違うものが出てきたなんて事が無い様にしてください。
また方言で「○○しましょうね」という言葉があります。
沖縄では、標準語に近い言葉を使っている方もいらっしゃいますが、地域によっては方言が強く残っているという場合も。
先のような表現の場合、誘うような言葉ではなく宣言といった意味合いが生まれてきますので意味合いをお互いに違ったように取ってしまうという事もあるようですので覚えておくと便利でしょう。
沖縄観光スポットも沢山ありますので、実際に色々と巡りたいですよね。
観光客からすれば観光スポットなのですが、当然住んでいる方々もいらっしゃるのです。
ですから、そのような点での配慮と言うものも必要ですよね。
夜間に騒いだり、ゴミなどをポイ捨てしてしまったり家の前に座り込むようなことはしないようにしてください。
これは、沖縄のみならずいかなる場所でもマナーですよね。
特に沖縄の離島などは「神々の住む島」とも呼ばれている神聖な地域も存在します。
御嶽、拝所などにやたらに立ち入禁止になっている場合もありますからそうしたマナーは守りましょう。
またむやみに入らないことも大切です。
一部のビーチなどにおいては、砂の持ち帰りなどを禁止しているは場合もありますからルールは守るようにしましょう。

関連記事: