マナーを守って楽しく沖縄旅行しよう!ツアーや個人旅行のススメ

- 食べ物にも持ち出し禁止がある!?

食べ物にも持ち出し禁止がある!?

沖縄旅行に行くからには、様々なお土産を購入したい。
そのように思っている方も多いでしょう。
旅行の楽しみの1つにお土産選びというものもありますよね。
もちろん、沖縄にも様々な名産品がありますしお土産を購入できるスポットも沢山あります。
沖縄旅行ツアーなどに参加をされる方は、事前に配られる小冊子などでチェックもできますよね。
またインターネットなどでも調べることが可能です。
しかし、沖縄においては農産物の一部などは害虫の被害をまん延させないために持ち出しが禁止されている場合があるんです。
ですから「コッソリと」となどと持ち出したりしないようにしてください。
違反してしまうと罰則がありますので気をつけましょう。
では、それら農産物についていくつか触れていきましょう。
先ずはサツマイモ類です。これは紅芋も含まれます。そして「ガンダバー」と呼ばれるサツマイモの茎も持ち出し禁止となっていますので注意しましょう。
ヨウサイ・エンサイ・空芯菜やかんきつ類の苗木も持ち出しが出来ません。
意外に思われるのがアサガオです。苗であっても持ち出しは禁止されています。
またこれらの中から、サツマイモ・ガンダバー・ヨウサイ・エンサイ・空芯菜は、久米島への持ち出しも禁止されているんです。
同じ県内でも、持ち出しは禁止されているんですよ。
ただしこれらはあくまで「そのままの状態」での持ち出しが禁止ということですので、加工品などは持ち出すことが出来ますのでお土産にはそのようなものを利用するようにしてくださいね。
もちろん、魚類・貝類なども勝手に狩猟してはいけませんし持ち帰ってもいけません。
市場などで購入をして持ち帰れるもの・送れるものを利用するようにしてください。
このように食べ物に関してもマナーというものがあります。
しっかりと覚えておけば、知らず知らずのうちに違反行為をしていたなんて事にもなりませんから、沖縄旅行へ行く前に頭に入れておくと良いでしょう。

関連記事: