マナーを守って楽しく沖縄旅行しよう!ツアーや個人旅行のススメ

- 沖縄のパ ワースポット巡りをしよう

沖縄のパ ワースポット巡りをしよう

最近では、パワースポットという言葉もすっかり定着しました。恋愛運はもちろん、その他のいろいろなこともパワースポットへ行って、お願いをしてみたり、運気を高めてから臨むなんてことももう珍しくはありません。

沖縄でもパワースポットはある

パワースポットと聞くと、神社やお寺なイメージも強いです。
沖縄も普天間神宮や波之上神宮などがあります。こちらも、沖縄県民も正月にはよく訪れますし、いってみるのも良いでしょう。波之上神宮だと、近くにフェリー乗り場があり、ここ数年は中国人の観光客も数多く、波之上神宮を訪れています。
海外観光客も、神社に注目していますので、本土から沖縄へ旅行に来るときにも足を運んでみるのもいいでしょう。
波之上神宮は、那覇市にあるので、行きやすいでしょう。

あと、沖縄には離島も多いのですが、その離島自体がパワースポットになっていることも多いです。

まずは久高島があります。南城市の沖合いに浮かぶ島で、船で15分ほどかけて行けます。世界遺産にもなっている斎場御嶽(せいふぁうたき)という場所やさらにその奥の拝み場所へと行くとパワーをもらえると評判になっています。
御嶽とは、昔から祭儀が行われた聖なる場所のことです。自然のなかにあるので、ガイドに案内してもらって回るようにしましょう。あと動きやすい服装で、訪れた方がよいでしょう。

さらに浜比嘉島があります。こちらはうるま市にあり、海中道路と呼ばれる橋を渡って、車で行けます。
ここにはシルミチューやアマミチューと呼ばれる霊場があり、ここを訪れると子宝に恵まれるとの言い伝えもあります。
あと、島内にはあちこちにカーと呼ばれる井戸があります。水が枯れているところもありますが、もしも島内を散策していて、カーを見つけたら小さなほこらがあったりもします。そこで手を合わせてみるのもいいでしょう。

島以外のパワースポットとしても、観光スポットとしても外せないのは、首里城でしょう。やはり沖縄の歴史の中心でもあり、また新春の宴などもイベントも祭事でもあるので、やはりパワーを上げることにも繋がりそうです。また首里城祭りもあり、ここでの琉球自体ならではの扮装をした人々の行列も見逃せません。

マナーを守ってめぐろう

こうしたパワースポットを巡るときにも、マナーは意識しましょう。場所によってはあまり人もいなかったりするので、ついごみを捨ててしまったり、落書きをしないようにしましょう。
パワースポットと同時に世界遺産などで、貴重な価値を持っていることもあります。

マナーを守って、パワースポットを回って、パワーをあげていきましょう。

関連記事: