マナーを守って楽しく沖縄旅行しよう!ツアーや個人旅行のススメ

- 青の洞窟に潜ってみよう

青の洞窟に潜ってみよう

沖縄への旅行する目的に、スキューバダイビングをという人も多いです。
沖縄だと年中、スキューバダイビングができるので、ダイバーにとってはいつでも楽しめることになるでしょう。

スキューバダイビングスポットの恩納村

沖縄だと各地でスキューバダイビングをすることができます。
しかし、やはりよく盛んにスキューバダイビングが行われているのは、沖縄の中部です。

よくスキューバダイビングが行われているのは、沖縄でも中部です。
その中部でも恩納村には、ダイビングショップも多くあり、恩納村を中心にあちこちの海へ潜りにいくのです。

初心者の人は沖縄でも、恩納村と頭に入れておくと、ダイビングショップも探しやすくなるでしょう。

青の洞窟へ潜ってみよう

そんな沖縄のダイビングスポットの中でも、青の洞窟と呼ばれる地帯があります。これは恩納村の真栄田岬からそのスポットへと行けます。
そのスポットは海水の侵食によりわ洞窟ができています。その洞窟の中にも太陽の光が差し込みます。すると、海の色が、青く輝いて神秘的な色を出してくれるのです。
その青も通常見える青とも違うので、本当に見る価値はあります。

さらに時間帯により海の青の濃さが変わってきたりするので、何度いっても楽しめるでしょう。
前回は朝に行ったから、今回は夕方にという楽しみ方かできるのも特徴的です。

青の海へいくには、陸上から階段を下りていく方法と、船で近づいていく方法があります。
陸上からだと、100段近くの階段を下りていくことになります。
また、夏場だと太陽の光のもと、入る順番をマナーよく守らないといけません。

海からいく場合にも、船を借りていくなで、船に乗るときも騒いだりせずにマナーよく乗りましょう。
また泳いで青の洞窟へ向かうときにも、珊瑚が見えても傷つけたりせずにマナーよく泳いでいきましょう。

青の洞窟内でのマナーとは

青の洞窟も人気の観光スポットです。他のダイビングのお店のツアーに参加した人たちと一緒になることもあります。

ですので、洞窟内部ではあまり騒ぎすぎないようにしましょう。せっかくきれいな景色なのに、他の人の騒いでいるのや大きな話し声に気分が害されたなんて体験談もあるくらいです。
洞窟内部では、音も響きやすいので話す声の大きさにも気をつけましょう。

あと、写真も撮ったりするので、他の人の写真に写りこまないようにしましょう。

青の洞窟で楽しむためには

夏休みシーズンだと、お昼には混んでしまうので青の洞窟へ入るまでに何時間も待つなんてこともあります。
早朝のプランなどで、余裕をもって行った方がよいでしょう。

ぜひ時間帯を工夫して、青の洞窟を潜ってみましょう。

関連記事:

  ← 前の記事: