マナーを守って楽しく沖縄旅行しよう!ツアーや個人旅行のススメ

- 沖縄旅行と台風を知っておこう

沖縄旅行と台風を知っておこう

沖縄へ旅行に来たときに、やっぱり電気がいいのと悪いのとでは、テンションの上がりかたにも差がでてくるでしょう。
そんな沖縄の天候の中でも、台風には気をつけておきましょう。

沖縄への台風は早い

沖縄へ台風が来るのは、いつ頃からだと音いますか。
本土だと、夏の8以降月が多くなるでしょう。それは高気圧の張り出しが弱まってくるのが夏の終わり以降だからです。

しかし、沖縄の場合にはずっと早いです。かなり早いときには5月の下旬からやってくることもありました。
6~7月でもしばしばやって来ます。
また、ここ数年では、沖縄本島への直撃がへって、宮古島や石垣島へと移動することも増えているようにも思えます。

台風の発生が最初に確認されてから、沖縄付近へ北上してくるまでには1週間~10日くらいかかります。
最初の予報は大抵は1~3日ほどずれることが多いです。
しかし、やはり72時間予報、あと3日くらいまでになると、予報の確率は当たることが多くなります。3日あとに、たとえば沖縄にいて、予報円被されば大抵は、その日に当たることになります。

特に3日くらい前までの予報で、旅行のスケジュールを見直した方がいいかもしれません。

台風が当たったら

台風が来て、もしもバスが運行停止になると、沖縄の会社やお店は通常休みになります。

空港はとりあえずは、開いていますが飛行機のキャンセル待ちとなるでしょう。
あとはコンビニが空いているくらいです。

台風が当たってしまった、その日に帰えるのでなければ、ホテルで大人しくしていましょう。
またレンタカーを返すにしても、先にかいたようにバスが動かなくなると会社も休みになったりします。
事前にレンタカー会社のサイトで、営業を確認してから、返しに行きましょう。

飛行機は早めから運行確認を

台風が近づいてきたら、早めから天気予報の確認と、飛行機の発着確認をしておきましょう。
台風が近づいてくる朝には、すでに出発の取り止めなどが航空会社から、サイトや番号案内でアナウンスされているはずです。

キャンセル待ちなども確認してみましょう。
当日に一応飛行場へいって確認してみて、はやめにホテルの手配とした方がよいでしょう。
台風の進行によっては、飛行場で時間を潰すなどしましょう。

夏場は台風にも気をつけよう

台風は急にはっせいします。沖縄へ旅行するのとき、6~9月は台風の発生にも気をつけておきましょう。
計画も台風のことも考えておくといいかもしれません。

関連記事: