マナーを守って楽しく沖縄旅行しよう!ツアーや個人旅行のススメ

- 沖縄の運転ルールは、どうなっているのか

沖縄の運転ルールは、どうなっているのか

沖縄を旅行するときには、レンタカーやバスやタクシーが移動のメイン手段となります。もしもあなたが、車を運転するときには、沖縄の運転ルールも知っておきましょう。

沖縄は車社会

沖縄は那覇市には、モノレールが走っていますが、那覇市以外の市長村では、電車はありません。

そのため、沖縄では車社会です。さらにバスやタクシーよりもマイカーでの出勤が多いのも特徴的です。ですので、朝や夕方の交通渋滞は全国でもトップクラスの渋滞です。
何年か前のニュースで、那覇市内での渋滞時の車の速度は、全国でもワースト1、2を争う遅さ、つまりはノロノロ運転となるということです。

ですので、朝の7~9時の移動やさらに17~19時くらいまでの移動は、渋滞を予想して、余裕をもって出掛けるようにしましょう。

朝夕のバスレーンには注意

観光客がレンタカーを借りることも多いでしょう。
しかし、観光客が気づかない、レンタカー会社のスタッフが教えてもらっても忘れてしまうことに、バスレーンがあります。

バスレーンとは、朝夕の一定の時間の間、左車線が番専用のレーンとなります。バス以外の車は中央か右端を走らないといけません。
これを破ると警察に検挙されて、罰金となります。

区間は、朝の7時半から9時まで、58号線で宜野湾市の伊佐から那覇市久茂地にかかっています。
夕方は、17時半から19時まで那覇市旭橋から19時まで浦添市牧港までかかっています。
他にも那覇市内の与儀周辺でも、かかることもあるので注意も必要です。

沖縄が朝と夕方混むのも、実際にはばすれーんがあるため、みんな中央か右車線をはしらないといけないので、かなり混むのです。
だから左端が空いているからと走ってしまうと、警察に検挙されたりします。警察も58号線沿いで、那覇市泊や浦添市マチナトショッピングセンター周辺で、張り込みをしていますので、朝夕に58号線を通るときには、特にその周辺は気をつけましょう。

交通マナーの状況は

沖縄は車社会で、中南部は車の行き来は多いです。沖縄の旅行だと、大きい道を通ることが多いでしょう。

そのときに、周りは地元のドライバーばかりです。運転マナーは他とは比較しにくいですが、ウインカーを出さずに車線変更が多いなんて感想を言う旅行者の声もあります。

スピードの出しすぎるドライバーは、少ないでしょうが、やはり車間距離をとっていたり、早めから右折や左折車線に入っておくなど気をつけるにこしてことはありません。

安全運転をしよう

やはり旅行者は、地元ではありませんから、いつも以上に安全運転を心がけましょう。

関連記事: